f-cdv1

伊藤邦生氏は、個別に対面コンサルティングをする際には、不動産購入金額の1.5%を支払ってもらっています。

つまり、1億円の物件なら150万円のコンサルティング料です。

今まで、伊藤邦生氏のように「地方高利回り物件」に焦点を絞った手法はあまり無いのではないでしょうか。

今田信宏氏、石渡浩氏、藤山勇司氏、長岐隆弘氏、金森重樹氏、などなど、いずれも「地方高利回り物件」に焦点を絞ったものではありません。
(加藤ひろゆき氏は地方と言えば地方ですが、フルローンでのリタイアとは違いますよね。あの語り口が大好きで何度も読んでいますが。(笑))

この「地方プレミアム投資術DVD」の手法で地方にプレミアム物件を買って、年間キャッシュフローを千万単位で得られるとしたら、この金額は相当安いと思います。

石渡浩氏が2012年9月に開催したプレミアムセミナーは80,000円でしたし、今田信宏氏のプレミアムメルマガは毎月60,000円、15,000円ですよね。

石渡浩氏のプレミアムセミナーは電車代、ホテル代、食事代で、結局140,000円くらい使ってしまいました。^^:

話が逸れましたが、この「地方プレミアム投資術DVD」は、サラリーマンがリタイアするための、2013年2月現在での最も近道だと思います。

首都圏でRC構造10%のフルローンで、しかも安倍政権による金融緩和の金利上昇の不安を抱えながら不動産投資をするのは、リタイアどころか。。。といった感想です。