伊藤邦生氏が過去2年間で購入した物件は、以下の5棟です。

  • 8100万円 水戸市RCマンション 利回り21% 入居率100% 年間CF512万円
  • 17000万円 2012年売却福島県 RCマンション 利回り17% 入居率92% 年間CF575万円→後に売却
  • 7200万円 さいたま市 軽量鉄骨 利回り13% 入居率88% 年間CF131万円
  • 4000万円 東北 RCマンション 利回り27% 入居率100% 年間CF387万円
  • 18000万円 白河市 RCマンション 利回り20% 入居率100% 年間CF831万円

注:『年間CF』とは家賃から銀行返済、管理費・修繕費などの費用、固定資産税などの支払いをすべて差し引いた後に手元に残る年間キャッシュフローの略称です。

20130303114200
白河市 RCマンション 利回り20% 年間CF831万円

 

20130303114215
水戸市 RCマンション 利回り21% 入居率100% 年間CF512万円

 

20130303114251
東北  RCマンション 利回り27% 入居率100% 年間CF387万円

 

20130303114321
さいたま市 軽量鉄骨 利回り13% 入居率88% 年間CF131万円

 

伊藤邦生氏(ゴールドスワンキャピタル株式会社代表)の地方物件購入に対する考え方】
「地方で不動産を買って入居者がいるのか不安だ?」、「地方で不動産賃貸業を行う場合、空室リスクが大きいのではないか?」、「地方の物件だと家賃の下落が大きいのではないか?」
私が地方を中心に不動産賃貸業をしていると言うと、多くの人がこの、同じ質問を投げかけて来ます。

私の中での答えは決まっています。
「地方では空室リスクが高い物件と低い物件がある」、「地方では家賃下落が大きい物件と、家賃下落がほとんど起きない物件がある」

つまり、地方でも『賃貸需要があり、常に高い入居率で稼働し、家賃もほとんど下落しない』物件というものが存在します。
この様な物件が15%〜20%、またはそれ以上の高利回りで売られていたりします。
そういった物件を『地方プレミアム物件』と私は呼んでいます。
この様な物件に投資する手法を『地方プレミアム投資術』と名付けました。

一都三県の利回り10%のRC物件をフルローン購入するのは大変危険です。
少なくとも、サラリーマンがリタイアするためにフルローンする手法ではありません。