伊藤邦生_ゴールドスワンキャピタル株式会社

伊藤邦生氏(ゴールドスワンキャピタル株式会社代表。「地方プレミアム投資術DVD」が大ヒット)が34歳の時にたった2年4ヶ月で購入した物件は5棟、計5億4千万円です。

2年4ヶ月で5億4千万です!

一流企業に勤めていたからの属性の良さはあると思いますが、逆に属性が良くても買い続けられない方はいくらでもいます。
無理矢理フルローンを引いても、耐用年数以上に融資を引いても、結局は”与信毀損”で《ゲームオーバー》になる方は山ほどいます。

更に驚くのが、その利回りです。
驚くことに、平均利回り19%という、驚異的な利回りです。

ここで、不動産投資を実践または勉強している方はこう思います。
「一都三県でそんな物件出る訳ないよ。どうせ地方のボロ物件か、再建不可能の建築基準法違反物件、または競売・訳ありでしょ?」

答えは。。。

そのいずれでもありません。

地方でも人口が減少しない、人が集まり続ける《地方》。
そして、《地方》だからこそ安く買いたたける物件、ウブな売り主、おじいちゃんおばあちゃんの大家さん、と言った有利な条件がそろった《美味しい地方物件》です。

実は、日本各地の《地方》には、こういった《美味しい地方物件》たくさんあります。
今まで注目されていなかっただけで、《知っている人だけが知っている美味しい地方物件》でした。

そんな物件に焦点を定めて、利回り15%〜20%、またはそれ以上の高利回り物件をフルローンで購入してサラリーマンをリタイア使用と言うのが伊藤邦生氏(ゴールドスワンキャピタル株式会社代表)の提言です。
それをまとめた集大成が、この「地方プレミアム投資術DVD」です。

今田信宏氏の「光速収益不動産投資成功法」の爆発的ヒットで、サラリーマン不動産投資家がどんどんRC物件を買いあさるようになり、一都三県で利回り10%のRC物件をフルローンで買うのが大流行りしました。

しかし、そうしてマンションのオーナーになったサラリーマンが、どんどん破綻してきています。
特にこの安倍政権・アベノミクスで加速してきています。

もともと、一都三県で10%利回りのRC物件は、「利息が上昇しない」という前提で成り立つ手法でした。
石渡浩氏も2012年の11月にメルマガで「今の手法での不動産投資は、金利が低い今でしか成り立たない。このまま続くはずがない。」と言って、自己所有の不動産を自分の会社で管理することを始めました。
それだけ危機感を抱いていると言うことです。

そんな中、サラリーマンが自己資金・頭金を一銭も入れずに買えるからと言ってどんどんフルローンで億単位の物件を買うことが流行っていました。

しかし、スルガ、オリックスで4.5%の金利では、1億円の物件で最終的に残るのが150万円、悪いと60万円を切ると言う方もいます。
そこにデッドクロスが重なれば、どうなるかは分かりきっています。

もともと、一都三県の10%RC物件に投資するのは、「国債よりも利回りがいい」という理由で大企業、外資系、地方の資産家が取り組むものです。

Jリートでさえも5割の資金を投入しているのを知っていますか?知らないはずです。

そこにサラリーマンが4.5%の金利で崖っぷちのフルローンを組んで勝てるでしょうか?
10%の利回りから4.5%引かれて、そこから固定資産税、管理費、エレベータ管理費、定期検査。。。、金利上昇!
サラリーマンの副業でアフィリエイトでもやった方が余程精神衛生上良くはないでしょうか?

それに対して、ライバル不在にも関わらず人口が減らない《高利回り地方プレミアム物件》を購入する方がサラリーマンをリタイア出来ると思いませんか?

「地方プレミアム投資術DVD」は、その手法でサラリーマンをリタイアした、2013年最も注目されている不動産投資家です。

あなたがもし不動産投資でサラリーマンをリタイアしたいなら、「地方プレミアム投資術DVD」しか残っていません。
「ありません。」ではなく、残っていないんです。

それは、不動産投資でサラリーマンをリタイアしたいサラリーマンが大挙して一都三県10%RC物件を競って買っているからです。
10%程度の利回りの物件をフルローンで買うために競っている様な不動産投資に未来はありません。

この意味が分かる方だけ「地方プレミアム投資術DVD」を買ってください。