伊藤邦生 不動産

伊藤邦生 不動産で検索すると、「地方プレミアム投資術DVD」に関する記事がたくさん出て来ます。
以前はこれほどまでの記事はありませんでしたが、「年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち」 伊藤邦生(著)が出版されてから増加して来ました。

伊藤邦生氏はゴールドスワンキャピタル株式会社の代表で、2013年最も人気のある不動産投資教材「地方プレミアム投資術DVD」の販売者でもあります。

伊藤邦生氏自身、サラリーマン時代から不動産投資に取り組み、遂にサラリーマンから不動産投資会社代表にまでなった不動産投資のプロ中のプロです。

伊藤氏の手法は、今田信宏氏の「光速収益不動産投資成功法」以降サラリーマンの間で大流行りとなった10%利回りRC物件フルローン購入を危険だと判断し、地方の高利回りプレミアム物件フルローン購入を提唱しています

しかも、地方都市ではなく、「地方」です。

その理由は、不動産投資家達の穴場となっている地方で掘り出し物の高利回り物件を格安で購入出来るからです。
そして、誰もが人口が減少すると思い込んでいる地方の中にある人口が減少しない穴場スポットで購入することで高利回り物件を長期にわたって満室運営出来るからです。

更に、ライバルは競合の不動産投資家でもサラリーマン大家でもなく、地方のおじいちゃんおばあちゃん大家です。

つまり、ライバル不在で人口が減少値ない穴場地域で高利回り物件を指値で購入して満室経営が出来ると言うことです。

今、不動産投資市場はモラトリアム法終了に合わせて完全に売り手市場になっており、一都三県の物件は値上がりし、結果的に利回りがとても低くなって来ています。
いくら今田信宏氏の「光速収益不動産投資成功法」を読んだとしても、あまりに低い利回りではフルローン融資に踏み切ることが出来ず、結果的に「物件を買えない」と言うことになります。
もちろんそんな物件をサラリーマンが買うべきではありませんが。

そんな状況の中、地方の人口が減らないスポットに高利回りのプレミアム物件が眠っているとしたら、どうしますか
しかも、ライバルは高齢の大家さん。入居率60%でも支払いが終了しているからのんびりしています。
広告費を支払って客付けなど考えてもいません。

こんな地方プレミアム物件を見つけることが出来るとしたら、どうしますか?
利回り15%を超える物件をフルローンで長期に渡って満室運営出来るとしたら、どうしますか?