ゴールドスワン_伊藤邦生

伊藤邦生氏は「年収1000万円の貧乏人年収300万円のお金持ち」の中で《ゴールドスワン》について語っています。
会社の名前にも《ゴールドスワンキャピタル株式会社》となっていますから、《ゴールドスワン》とは何だろう?と思う方もいると思います。
私も思いました。(笑)

《ゴールドスワン》の話は、第4章の106ページから始まります。
第4章では「資産」のヒエラルキーについて語られていて、その段階に応じて

  1. アリのステージ
  2. カモのステージ
  3. カメのステージ
  4. ヒヨコのステージ
  5. スワンのステージ
  6. ゴールドスワンのステージ

とピラミッド型に競り上がっていきます。
そのトップがゴールドスワンで、「何もせずとも優先的によい投資案件が流れ込んでくる。」と定義されています。

一つ一つのヒエラルキーについて数ページ割かれていて

 

【1】アリのステージ
年収500万円、土日も仕事で忙しいAさん→資産家のためにいっそう働き続けるサラリーマン
ここで一番気になる一文は、「実は年収の高低は、あまり関係ありません。」というものです。
何に関係ないのか気になりますね。^^

 

【2】カモのステージ
年収500万円、貯金300万円、投資が大好きなBさん→投資初心者を待ち受ける「セミナー」というワナ
気になる一文は、「無料セミナーは、投資のノウハウを教えて投資家に儲けてもらうためではなく、・・・。」という部分です。
何のために無料セミナーを行っているのか?と考えてみてください。
私は石渡浩氏の8万円のセミナーと、石渡浩氏が話をする無料セミナーに出たことがあるのでこの意味が良く分かります。^^:

 

【3】カメのステージ
貯金1000万円、相ホームを買おうか悩むCさん→ありは資産家のために働き、カメは国のために働く
「サラリーマンの給料は、国と建設会社と銀行が回収する仕組みになっているのです。」この意味が分からない人は、何も考えずに周りの人たちと同じように頭金が出来たら新築一戸建てを建てると思います。
その一歩手前の方はまだ間に合いますから、読んでみてください。
もう遅いよと言う方は読まない方がいいです。

 

【4】ヒヨコのステージ
年収600万円、300万円の区分物件のオーナーDさん→「最初は小さな投資から始める」のが基本
ここでは、投資ブームに乗せられて、十分な勉強もすることなく、いきなり1億円のマンションをフルローンで買うサラリーマンについて書かれています。
初めての不動産投資でフルローンを考えている方は読まれた方がいいかなと思います。
この点は石渡浩氏と同じ考え方です。

 

【5】スワンのステージ
家賃収入1500万円のマンションオーナーFさん→若き日の伊藤邦生氏(?)
このステージはサラリーマン時代の伊藤邦生氏ではないかと思います。(多分)
どう言う経緯で地方プレミアムを探すに至ったのかを知ることが出来ます。
ここでは、「《センミツ》に対して●件〜●件の物件を見れば、確実に良い物件はあるので、むしろ投資チャンスは多いと感じています。
と言う言葉が非常に参考になります。
どれだけ物件を見る必要があるんだ?と思っている方は参考にするとヤル気が起きるかもしれません。

 

【6】ゴールドスワンのステージ
家賃収入5000万円のGさん→好条件の投資案件はゴールドスワンに優先的に回ってくる
ここでは、「3年間で10億円の不動産投資を行った2人」についての記述がショッキングです。
同じ10億でも《ゴールドスワンのステージ》と《カモのステージ》に分かれてしまったと言うことが書かれているからです。
ギクッとした方もいると思いますが、これは気をつけないと「資産●億円」と言う、言葉のワナにはまります。
私は著名投資家やサラリーマン投資家が最初に「資産●円」と言う言葉を出したら信用しないことにしています。

 

以上、《ゴールドスワン》の由来について書いてみました。
とても素晴らしい本なので、本屋さんで買ってください。
または、Amazonで「年収1000万円の貧乏人年収300万円のお金持ち」と全部入力して買ってみてください。(一部だとなかなかたどり着けません)
ここにはリンクは張りませんので。(笑)