不動産投資関連ニュースの記事一覧

不動産に対する地震保険料が値上げされることになりました。

平均で15%値上げされ、それがいつからの時期かと言うと、2014年7月です。
新規契約だけでなく、すでに契約している物件の保険料も契約更新時に上がります

言い方としては、「2014年7月をメドに、平均で15%程度値上げする見通し」という事です。

これは、政府と損害保険会社が巨大地震発生のリスクを保険料に織り込むのを目的としています。
地震保険料の値上げは1980年以降、2回目となりますが、これには太平洋の南海トラフ自身の影響が含まれていないため、2015年以降に再値上げを検討しているようです。

地震保険は、保険金を政府と民間の損保会社が分担して支払う事になっていますが、東日本大震災では、保険金の支払いが1兆2,000億円を超えました。

将来の震災発生リスクが高まったことから、損保各社でつくる「損害保険料率算出機構」が、これを保険料に織り込事にしたようです。

政府の地震調査研究推進本部が昨年12月に公表した検証結果をもとに、「損害保険料率算出機構」が影響を精査し、2013年3月中に金融庁に新しい保険料を届け出る事になるようです。

新規契約のほか、すでに契約している人の保険料も契約更新時に上がるため、不動産投資にも一定の影響がありそうです。

不動産投資関連ニュース