地方不動産投資で成功する物件の選び方の記事一覧

地方不動産投資_成功_方法

伊藤邦生氏は、地方不動産投資投資に失敗している人の共通点をこう言っています。

それは、「物件購入前の調査不足」です。

関東エリア(東京、神奈川、埼玉、千葉)で物件を買う場合と同じ程度の調査で不動産物件を購入してしまっていると言うことです。
これはつまり、地方で不動産賃貸業をすることがどういうことなのかを理解出来ていないと言うことです。

「この近隣には工業団地があるから、入居者を見つけるのが簡単だ。」
「大学が近いから、空室リスクが低い。」

この程度の認識で地方物件を買っている人が多く、それはかなり軽率な不動産投資で、いずれ破綻するリスクが高いと言えます。

数千万円から数億円の借金を背負って投資をするにもかかわらず、マンションを手に入れたことで満足して終わっている方が沢山います。

本来であれば、不動産投資は長期的に満室経営が出来て初めて成功したと言えるはずですが、世の中には手に入れることだけに焦点を当てている方が沢山います。
そう言った方の方が多いと言っても良いと思います。

成功している方達は、10年後、20年度の賃貸経営プランまで考えて賃貸業を行っています。
この教材は、そういった不動産投資に成功する人間になるためのマニュアルです。
地方不動産投資の地方高利回りで豊かな生活を送るためのマニュアルです。

地方ではどの様な物件を買ったらいいのか
どのような物件を避けるべきなのか
このマニュアルではっきり学ぶことが出来ます。

金融モラトリアム法(中小企業金融円滑化法)終了で不動産物件取得のチャンスと言われているこの時期に、不動産投資にトライするか、指をくわえて待っているか、決める時期が来ています。

2012年の円高フィーバーを端から見ていて、「海外不動産投資に取り組もうか迷っている。」、「海外に口座を作って長期積み立てをしようか迷っている。」と言っている間に終わってしまったと言う方も多いかと思います。

また同じことを繰り返すのか、チャンスをものにしてサラリーマンをリタイアするのか、決め時なのかもしれません。

地方不動産投資で成功する物件の選び方