銀行に積極的に融資させる方法の記事一覧

伊藤邦生氏は、銀行融資の際には必ず●な資料を作成しています

それは、なぜかと言うと、銀行から積極的に融資を受けるためには営業が必要だと考えているからです。

もちろん、属性の良い方は銀行から融資を受ける際には特に資料を作る必要は無いかもしれません。
今田信宏氏も「光速収益不動産投資成功法」の中でそんな事を言っていますね。^^

しかし、伊藤邦生氏は、次の理由で●な資料作成を薦めています。

それは、

1.銀行に●の●を伝える事が出来る

2.自分が●に対して●する事が出来る

3.銀行員の担当者が●に●するのにそのまま●出来る

です。

そして、この3つのうち、最も大きな理由が3番です。

私も確かにこれは本当にその通りだと思いました。
これを最初から担当者に渡せば、●がスムーズに進むし、●も●に対して●し易いだろうと、大いに納得しました

伊藤邦生氏は、本当に銀行担当者の心を読んでいるなと大いに納得しました、
このポイントを押さえて交渉するからこそ、銀行に積極的に融資を受けられるんだと思いました。

なぜ物件も良くて与信も傷がついていないのに、銀行から融資を受けられないのかと悩んでいる方は、これが参考になるのではないでしょうか。

特に、今田信宏氏の「光速収益不動産投資成功法」をそのまま実践している方には役に立つかもしれません。

銀行に積極的に融資させる方法